Instagramキャンペーンのやり方は?参考にしたい成功事例5選

Instagram(インスタグラム)は、自社アカウントでの宣伝や広告出稿、そしてインスタグラマーを起用したプロモーションなど、さまざまなマーケティング方法があるSNSです。その一つに「キャンペーン」があり、キャンペーンを実施することによりフォロワーの増加や認知拡大といったあらゆる効果が期待できます。

とはいえ、実際にInstagram(インスタグラム)でキャンペーンをどのように実施するべきかを周知しているという人は少ないでしょう。この記事では、Instagram(インスタグラム)キャンペーンの実施方法と、実際の成功事例を紹介します。

Instagram(インスタグラム)で行えるキャンペーンの種類

Instagram

まず、Instagram(インスタグラム)で行える主なキャンペーンの種類を2つ紹介します。「どのようなキャンペーンができるの?」と疑問に思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「ハッシュタグ投稿」を参加条件にする場合

Instagram(インスタグラム)で人気の高いキャンペーンの1つ目は、投稿のハッシュタグ機能を活用したキャンペーン方法です。この方法は「ハッシュタグキャンペーン」とも呼ばれます。

ハッシュタグキャンペーンのやり方としては、自社でオリジナルのハッシュタグを用意し、ユーザーにハッシュタグを付けて画像を投稿するように呼びかけます。ほとんどの場合、ハッシュタグやキャンペーン内容に沿った画像を投稿することが暗黙の了解となっています。そして、オリジナルハッシュタグを付けて投稿してくれたユーザーの中から当選者を選ぶという仕組みです。

実際にユーザーに自社のサービスや商品について投稿してもらうことのより、UGC(一般ユーザーによって作成されたコンテンツ)の獲得や、認知拡大の効果が期待できます。

「フォロー+いいね!」を参加条件する場合

2つ目は、「フォロー」と「いいね!」を参加条件とする方法です。キャンペーンに参加するために、ユーザーが実際に画像を投稿する必要があった1つ目の方法よりも、より手軽で誰でも参加がしやすいのが特徴です。

キャンペーンを通して、自社の認知拡大を図ると同時に、フォロワーを増やすことができるのがメリットです。また、当選者を決める際も、「いいね一覧」からランダムに選ぶだけでいいので、インスタグラム内でキャンペーンを完結させることができます。

Instagram(インスタグラム)キャンペーンのやり方

Instagram(インスタグラム)における代表的なキャンペーンの種類が分かったところで、次にキャンペーンを実施する手順を紹介します。

キャンペーンのやり方
  • ・キャンペーンの「目的」を設定する
  • ・アイディアを創出する
  • キャンペーン内容を選定する
  • キャンペーンポストを投稿する
  • 効果測定する

キャンペーンの「目的」を設定する

キャンペーンを実施することを目的とするのではなく、キャンペーンを実施することによって達成したい「目的」を明確に設定しましょう。

キャンペーンの「目的」設定の例
  • ・自社商品・サービスの認知拡大
  • ・公式サイトや通販サイトへの集客
  • ・新規フォロワーの獲得
  • ・UGC(一般ユーザーによって作成されたコンテンツ)の獲得

Instagram(インスタグラム)でキャンペーンを実施することによって期待できる効果は多岐にわたりますが、それぞれ相性の良いキャンペーンの種類が異なります。

たとえば、「UGCの獲得」を目標にするのであれば、「フォロー+いいね!」を参加条件としたキャンペーンよりも、ハッシュタグキャンペーンの活用が最適です。このように、目的によって、キャンペーンの参加条件や取るべきアプローチが変わってきますので、まずはキャンペーンを行う目的を設定しましょう。

アイディアを創出する

目的が定まったら、キャンペーンに関するアイディアをグループ一丸となって創出しましょう。キャンペーンのアイディア出しのためだけの時間を確保してあげると、よりユニークなアイディアや企画が出やすくなりますよ。

キャンペーン内容を選定する

キャンペーンに関するアイディアがざっとまとまったら、キャンペーンに関する具体的な内容を選定していきましょう。一つのキャンペーンを成功させるために、選定しておきたいポイントをそれぞれ詳しく紹介します。

予算

キャンペーンを行う際は、前もって予算を決めておく必要があります。予算に余裕がある場合は、Instagram(インスタグラム)広告を活用したり、他のSNSでも宣伝したりすると、より高い効果が期待できるでしょう。

ただし、予算に余裕がない場合でも、他の部分を工夫することで、キャンペーンを成功させることは十分に可能です。

キャンペーンへの参加方法

続いて、キャンペーンの参加条件を選定します。「いいね!+フォロー」と「ハッシュタグ投稿」では、ユーザーにとっての参加ハードルが異なりますので、キャンペーンの目的に合わせて慎重に選ぶと良いでしょう。

ユーザーの参加メリット

Instagram(インスタグラム)のキャンペーンは、自社にとってだけでなく、参加ユーザーにとっても「メリット」があることで成り立っています。「プレゼント」や、「プレゼント+投稿の自社ホームページ掲載」など、参加メリットを選定しましょう。

参加メリットを選定する際は、プレゼント内容がキャンペーン参加にふさわしいものであるか、目標応募数に対して当選数は適切か……などといったポイントを確認することが大切です。

キャンペーンの実施期間・時期

キャンペーンの実施期間、そして実施時期も忘れてはならない大切なポイントです。季節のイベントや大型連休などと合わせて行うと、キャンペーンの効果を最大限に高めることができるでしょう。キャンペーンの目標応募数に合わせて、実施期間・時期を選定するようにしましょう。

キャンペーンポストを投稿する

キャンペーンを実施する準備が整ったら、実際にキャンペーン用のポストを投稿します。できるだけ多くのユーザーに投稿を見てもらえるように、ハッシュタグの選定やキャプションの文章にも細心の注意を払いましょう。

予算に余裕があるようであれば、Instagram(インスタグラム)の広告機能の利用もおすすめです。広告を出稿することにより、手軽により多くのユーザーにキャンペーンについて認知してもらえるようになります。

効果測定する

キャンペーンポストの投稿後は、「応募者数」や「リーチ数(どのくらいの人が投稿を目にしたか)」などを指標として、こまめに効果測定を行いましょう。広告を出稿した場合は、広告による効果と、それ以外の効果を別で確認することが可能です。

Instagram(インスタグラム)キャンペーンを成功に導くためのポイント

続いて、Instagram(インスタグラム)のキャンペーンを成功に導くためのポイントを紹介します。

キャンペーンのポイント
  • ・キャンペーン参加のハードルは低く設定する
  • 参加メリットを明確にする
  • オリジナルハッシュタグを活用する
  • 他のSNSでも参加可能にする

キャンペーン参加のハードルは低く設定する

キャンペーンの参加条件はできるだけハードルを低く設定してあげると、より多くのユーザーに参加してもらえるようになります。たとえば、は「フォロー+いいね!」キャンペーンは、ハッシュタグキャンペーンと比べて、参加のハードルが低い傾向があります。

Instagram(インスタグラム)で初めてキャンペーンを行う場合や、多くのユーザーに応募してもらうことを目的とする場合は、キャンペーン参加のハードルを低く設定することを心がけましょう。

参加メリットを明確にする

ユーザーが「キャンペーンに応募したい!」と思う理由のほとんどは、プレゼントなどの参加メリットです。キャンペーン投稿の目立つところに、以下のように参加メリットと、当選者に向けた情報を提示すると良いでしょう。

(例)「フォロー+いいね!」した人の中から、50名様にプレゼントが当たります!当選者には、〇月〇日までにDMをお送りします。

参加メリットをできるだけ具体的にわかりやすく提示してあげることで、より多くのユーザーに興味を持ってもらうことができます。

オリジナルハッシュタグを活用する

Instagram(インスタグラム)におけるキャンペーンは、オリジナルハッシュタグとの相性が抜群です。キャンペーンを開始する前に、会社名や商品名、実施するキャンペーンの内容に合わせて、世界で一つのオリジナルハッシュタグを作成しましょう。

特に、ハッシュタグキャンペーンを行う場合は、使用するハッシュタグは、過去に一度も使われていないオリジナルのハッシュタグを使う必要があります。検索欄で過去に同じハッシュタグが使われていないか確認しておくと安心です。

他のSNSでも参加可能にする

Instagram(インスタグラム)におけるキャンペーンを実施する際は、同じキャンペーンを他の人気SNSでも実施可能かどうか検討してみましょう。参加できる場所を増やしてあげることで、単純により多くのユーザーに参加してもらえるようになります。

たとえば、「フォロー+いいね!」を参加条件としたキャンペーンの場合、まったく同じ条件のキャンペーンをTwitterで実施することが可能です。

ここまででInstagramにおけるキャンペーンを成功させるポイントについて紹介しました。しかしながら、Instagramの運用方法やSNSマーケティングに関する知識がない方からすると、キャンペーンの実施はハードルが高く感じてしまうかもしれません。

キャンペーン実施に関してサポートが必要な方や興味のある方は、ぜひ当社GROVEにお問い合わせください。

Instagram(インスタグラム)キャンペーンの成功事例

続いて、Instagram(インスタグラム)のキャンペーンが実際にどのように実施されているのか、成功事例を5つ紹介しましょう。

  • ・「ハッシュタグ投稿」を参加条件とした事例
  • ・「フォロー+いいね!」を参加条件とした事例

の2つに分けてお伝えします。

「ハッシュタグ投稿」を参加条件とした事例

まず、オリジナルハッシュタグを活用した「ハッシュタグキャンペーン」の事例を3つ紹介します。

資生堂「#ワタシの旅コスメ」

資生堂運用する「ワタシプラス公式アカウント」が、旅行ガイドブックシリーズ「ことりっぷ」とコラボして行った「#ワタシの旅コスメキャンペーン」。このキャンペーンは、オリジナルハッシュタグ「#ワタシの旅コスメ」で、資生堂商品の写真がユーザーより集められました。

資生堂「#ワタシの旅コスメ」のキャンペーン概要
  • ・ハッシュタグ名:#ワタシの旅コスメ
  • ・投稿する写真:旅コスメ(資生堂商品)
  • ・参加メリット:便利な旅行アイテムを150名にプレゼント
  • ・参加条件:ワタシプラス公式アカウントをフォロー
  • ・ハッシュタグ(#ワタシの旅コスメ)を付けて投稿
  • ・ワタシプラス公式アカウントをタグ付け or メンション

こちらのキャンペーンでは、ハッシュタグ投稿に加えて、「フォロー」と「メンション」が参加条件とされているのが特徴です。また、キャンペーン期間をゴールデンウィークを含む1ヶ月間としたことにより、実際に旅行に行った人の「リアル旅コスメ」のUGC(User Generated Content:ユーザー生成コンテンツ)の獲得に成功しました。キャンペーン期間の選定において、参考にしたい事例の一つです。

ハーゲンダッツ「#ひと夏分のハーゲンダッツ」

2016年の夏、ハーゲンダッツ公式アカウントにより、ハッシュタグキャンペーンが開催されました。内容は、「#ひと夏分のハーゲンダッツ」を付けて投稿した人の中から、毎日1名にハーゲンダッツのミニカップが30個プレゼントするといったものでした。

ハーゲンダッツ「#ひと夏分のハーゲンダッツ」のキャンペーン概要
  • ・ハッシュタグ名:#ひと夏分のハーゲンダッツ
  • ・投稿する写真:ハーゲンダッツ
  • ・参加メリット:毎日1名にミニカップ30個をプレゼント
  • ・参加条件:TwitterまたはInstagramで、「#ひと夏分のハーゲンダッツ」を付けて投稿

一般的に、ハッシュタグキャンペーンは参加のハードルが高いとされていますが、この事例のように、プレゼント内容が魅力的であれば、たくさんの応募者を集めることは十分に可能でしょう。ハッシュタグキャンペーンの実施を検討しているのであれば、参加メリットを魅力的なものにすることをおすすめします。

ローソン

ローソンのウチカフェ担当者より開催された、こちらのキャンペーンは、参加メリットがユニークな成功事例です。

ローソンのキャンペーン概要
  • ・ハッシュタグ名:#バスチーズ または #冬のバスチー
  • ・投稿する写真:バスチーズ
  • ・参加メリット:QUOカード3,000円分のプレゼント
  • ・ローソン公式WEBサイトと全国のPOSレジ画面に写真を掲載
  • ・参加条件:ローソン公式アカウントをフォロー
  • ・#バスチーズ または #冬のバスチーをつけて投稿

その内容は、参加者の中で「ベストバスチーズ賞」に選ばれると、投稿した写真がローソンの公式Webサイトと全国のローソンのPOSレジ画面に掲載されるというものでした。Instagram(インスタグラム)上でキャンペーンが終了した後も、実際にWebサイトや店頭でUGCの活用ができるという点はぜひとも参考にしたいポイントでしょう。

「フォロー+いいね!」を参加条件とした事例

続いて、「フォロー+いいね!」を参加条件としたインスタグラムキャンペーンの成功事例を3つ紹介していきましょう。

JTB マイトリ公式アカウント

JTBの運用するマイトリ公式アカウントをフォローと、キャンペーン投稿に「いいね!」をすることで、旅行型ギフト券10,000円分が当たる!というキャンペーンです。

JTB マイトリ公式アカウントのキャンペーン概要
  • ・参加メリット:JTBカード型旅行券10,000円分をプレゼント
  • ・参加条件:【JTB】マイトリ公式アカウントをフォロー
  • ・キャンペーン対象の投稿に「いいね!」

参加条件は「フォロー+いいね!」だけ。そして、応募資格は日本国内に在住の人なら誰でもOKと、参加ハードルが低いことが特徴です。「フォロワーを増やしたい!」という企業アカウントが参考にしたいキャンペーン事例でしょう。

URBAN RESEARCH OUTLET

URBAN RESEARCH OUTLETは、6月に開催された「均一セール」の開催に伴って、「セール対象商品に使えるクーポン」が当たるキャンペーンを実施しました。

参加メリット:セール対象商品に使える10%OFFクーポンを10名にプレゼント
参加条件:URBAN RESEARCH OUTLETの公式アカウントをフォロー
キャンペーン投稿に「いいね!」

キャンペーンの実施をセールの開催期間と重ねたこと、そして、セール対象品に使えるという珍しいクーポンを参加メリットしたことが特徴です。また、キャンペーンを通して、より多くのユーザーに「均一セール開催」を認知してもらえるといったメリットも兼ね備えています。

Instagram(インスタグラム)キャンペーンを行う際の注意事項

最後に、Instagram(インスタグラム)でキャンペーンを行う際に気をつけたい注意点を紹介します。キャンペーン開催後にトラブルに巻き込まれてしまうことがないように、前もって確認しておきましょう。

キャンペーンを行う際の注意事項
  • ・Instagram社のガイドラインを遵守する
  • ・投稿前にもう一度「キャンペーン内容」を見直す

Instagram社のガイドラインを遵守する

Instagram(インスタグラム)でキャンペーンを開催する際は、Instagram社のガイドラインに遵守する必要があります。プロモーションガイドラインには、キャンペーンに関するルールが規定されています。具体的には、Instagram(インスタグラム)をキャンペーン開催場所として利用する際は、次の3点を明示することが求められます。

  • ・キャンペーンの公式ルール
  • ・規約と資格要件(年齢や居住地の制限など)
  • ・キャンペーンにInstagram社が関わっていないこと

キャンペーン投稿を作成する際は、これらのポイントをしっかりと明示しましょう。また、キャンペーン参加条件として、自社や自社製品・サービスと関係のない画像に自社アカウントをタグ付けさせるなど、不正なタグ付けも禁止されています。

ガイドラインに違反してしまうと、最悪の場合、アカウントが停止されてしまうこともあります。キャンペーンを実施する際は、Instagram公式より公開されている「プロモーションガイドライン」に必ず目を通しておきましょう。

投稿前にもう一度「キャンペーン内容」を見直す

キャンペーン投稿は一度投稿すると、画像に関しては一切編集することができなくなってしまいます。特に、キャンペーン投稿への「いいね!」を参加条件とする場合、投稿を一度してしまうと、これまで「いいね!」をしてくれたユーザーの記録まで一緒に消えてしまいます。

キャプションに関しては、投稿後でも編集することは可能ですが、不備があっては参加者が混乱してしまいます。キャンペーン投稿をアップする前は、いつも以上に「キャンペーン内容」「画像」「キャプション」……など、くまなくチェックするように心がけましょう。

まとめ

Instagram(インスタグラム)を利用したキャンペーンの種類・実施方法と、企業アカウントによるキャンペーン成功事例を紹介しました。

Instagram(インスタグラム)キャンペーンは、参加ハードルを低く設定できることに加え、予算を抑えて実施することができます。企業アカウントを運用しているのであれば、積極的に活用したいプロモーション方法の一つです。キャンペーンの実施を検討する際は、過去の成功事例を参考に、この記事で紹介した手順を参考に、計画を立てていきましょう。

当社GROVEでは、お客様のInstagram運用の目的に合わせたインスタグラムマーケティングによるプロモーションを行っています。「Instagramマーケティングを始めたい」という方や、「やってみたけれど、成果が出ていない……」という方は、ぜひ当社GROVEにお問い合わせください。